先輩社員紹介

支えてくれる仲間がいるから頑張れる

「うちはまだ設立間もなくて、苦労をかけることもあると思うけど、一緒に頑張ってほしい」。社長にそう言われたのは入社して間もない頃。私は知人の紹介でオレンジアーチに入社しました。社長の言葉を聞いて、「この会社がこれから成長していくプロセスに、自分も携わっていけるのかな」という喜びを感じたことを今でも覚えています。「オレンジアーチ」という社名の通り、明るくて堅苦しくない会社の雰囲気を、入社してすぐに好きになりました。
私が仕事でお手伝いさせていただくお客さまは、だいたい1~2年ごとに変わりますが、今は、生命保険会社様向けのシステム構築をしています。まだ始まったばかりなので、プロジェクトメンバー全員で一つひとつ打ち合わせをしながら決めていく段階。人とのコミュニケーションを通して物事を決めていくプロセスがすごく楽しいですね。みんなで意見を出し合うことでブラッシュアップされ、よりいいものになっていくんです。私も「もっとこうした方がいいのでは」なんて提案ができるようになりました。

でも、私がこの仕事にそんな楽しさを見出せるまでには、4年くらいかかりました。もともとITにあまり興味のなかった私には、本当にわからないことが多すぎて、調べても調べても答えに辿り着けず、「向いてないかも」と本気で悩み、辞めようと思ったこともあります。でも、そんな時にまわりの先輩が「いま、どういうところで詰まってるの?」と親身になってサポートをしてくれたんです。悩んでつまずいても、すぐ近くに助けてくれる人がいる。こうして「人」に恵まれたことで、「もう少し頑張ってみようかな」と思い、これまで続けてくることができました。今はまだできることは限られていますが、これからもっともっと多くのことを学んで、広い範囲でシステム構築ができるようになりたいです。自社ブランドのアイデアもどんどん提案したい!自分が考えたことが形になって、それを実際に使う人たちに喜んでもらえることが、一番の喜びです。

ある1日のスケジュール

「頼りにされる」プログラマーになることが目標。

朝、出勤する電車の中で「今日はどんなプログラムを書こうかな~」なんて考えるんです。ものすごくキレイに簡潔なプログラムを書ける日があって、その日は1日ハッピーですね。こんなプログラムオタクっぽい僕ですが、大学では建築を学んでいて、プログラムに関しては何の知識もなくこの業界に入りました。最初はまずC言語の本を1冊買って、自分でプログラムを書いてみたり、「基本情報技術者」という情報処理に関する国家資格をとったりして勉強しましたが、本を読んで学ぶことよりも、実際に現場で学ぶことの方が多かったように思います。既存のアプリケーションの仕様を見てみると、本に書いてあるものと全然違ったりして、「こんな作り方があるのか!」とたくさんの発見がありました。新卒で入った前職のIT系企業に続いて、オレンジアーチは2社目。会社の規模よりも「やりたいことができるか」という基準で選びました。自由な雰囲気で仕事も任せてもらえるので、やりがいがあります。

今は、電車の運行管理システムを担当しています。電車のダイヤ改正を計画したり、時間通りに電車を走らせるための補助をするシステムです。今後は、もっと社内外から頼られるプログラマーになりたいですね。ちょっとしたことでも「これ、どうやればいいかわかる?」って聞かれるような、「アイツならわかるだろう」と思ってもらえる存在になることが目標です。この仕事をしていてつらいのは、新しいプログラムが正しく動くかどうかのテスト項目を作ったものの、その数があまりにも膨大で「終わるのかな……」と追いつめられるときでしょうか。でも、自分が書いたプログラムには最後まで責任を持ちたいので、何とか「鉄の心」で乗り切ります!そうやって実際にリリースされたプログラムやシステムについて、お客さまに「使いやすいね!」って言われたときは本当に嬉しくて、心の中で密かにガッツポーズをしています。

ある1日のスケジュール

オレンジアーチの仕事

採用情報